ART

ART

知床で出会う日本のアート北こぶしグループの施設は、「日本のアートが体感できる空間」というコンセプトのもと、
館内各所でアートを意識した空間づくりを進めています。
アーティストとのコラボレーション空間やアイテムもお愉しみください。

  • 制作:森由華/華道家元池坊・准華督

    制作:森由華/華道家元池坊・准華督展示場所:Kitakoubshi Shiretoko Grill Shiretoko

    皮を剥いだ杜松(としょう)を利用。杜松とは、ヒノキ科ビャクシン属の木、「ネズ」とも呼ばれる。
    松のような枝葉をのぞいた状態が自然で大胆な味わいがあるため、
    華道や盆栽では昔から好まれ、池坊では立花(池坊の花型のひとつで最も格が高い)のような伝統ある花型にも使われている。

  • 入江清美/「白い蛇が見る夢」

    入江清美/「白い蛇が見る夢」展示場所:Kitakoubshi Shiretoko Grill Shiretoko

    白蛇の夢は吉夢であるとされ特に金運に恵まれるという。その白蛇はどんな夢を見るのだろうか。
    神の使者が幸運を届けますように。

  • 栗原 虹児/「忍」

    栗原 虹児/ 「忍」展示場所:Kitakoubshi Shiretoko レストラン受付

    栗原虹児氏は、当館創業時(1960年)頃から知床へ通い、自然と対峙し厳冬の流氷を15年に亘り黙々と描き続けた作家です。
    当館の前身「桑島旅館」に宿泊しながらマイナス10度近くの冬の海岸でスケッチする姿を創業者も懐かしく語っていました。

  • 栗原 虹児/「流氷・・・そして光」

    栗原 虹児/ 「流氷・・・そして光」展示場所:Kitakoubshi Shiretoko 本館1F EVホール

    1982年の作品

  • 佐々木愛/「Patterns of plants #shiretoko」

    佐々木愛/
    「Patterns of plants #shiretoko」展示場所:Kitakoubshi Shiretoko 正面玄関エントランス

    土地の情景や動植物をモチーフに「ロイヤルアイシング」というお菓子の装飾技術である絞り器を使って漆喰で描かれている。
    本作は北海道北部の植物をパターン化し「知床」に展示されることを意識して作成された。

  • 佐々木愛/「Light in the forest #shiretoko」

    佐々木愛/ 「Light in the forest #shiretoko」展示場所:Kitakoubshi Shiretoko 1F オホーツクラウンジ

    白地に白のレリーフのこの作品は光によって浮き上がります。
    森の中の木漏れ日のように、作品を通して光を感じることができるでしょう。

  • 佐々木愛/「Light in the forest #shiretoko」

    tupera tupera オリジナルアート作品展示場所:KIKI SHIRETOKO 1F ロビー

    独特な世界観とデザイン性の高さから子供はもちろん
    大人のファンも多いアートユニット tuprera tupera(ツペラ ツペラ)。
    当館のために作成されたオリジナル作品「シレトコノコト」。
    カラフルでユーモラスな「知床」を間近でご覧いただけます。

STAY CONNECTED

  • Tweet
  • Facebook
  • GooglePlus
  • Instagram

© 2017 Shiretoko Kitakobushi, Inc., All rights reserved.

ページトップへ